• ホーム
  • ネットショップでのSEO対策についてのまとめ

ネットショップでのSEO対策についてのまとめ

インターネットのアイコンとカーソル

ネットショップを開店する際にもSEO対策をとり、より効果的な売上を見込むことができます。ネットショップの集客を目的としているSEO対策は、Googleなどの検索エンジンでキーワード検索に置いて出た結果で、上位表示を目的にするウェブマーケティングの施策として利用します。
商品ページの露出対策はSEO対策にとっても有効な手法となっていますが、ネットショップのモール内で検索エンジンやシステムも存在しているのでリスペクトする必要があります。オリジナルコンテンツを作りつつ、検索エンジンに対してSEO対策を実施するときには、それぞれ手法が異なるので見極めることが大切です。
ロングテールキーワードは複数のキーワードが組み合わせてある、複合キーワードで検索されることです。1単語でも頻繁に検索される単語をビッグワードと呼ぶケースが多く、その主軸にしている3から4の複合キーワードをロングテールキーワードと呼びます。これはオリジナルコンテンツにも掲載することから、検索母数が少ない場合でも検索意図が明確であれば、それを意図するコンテンツを作成することでボリュームも出てきます。
商品に関する複合キーワードを使うこともでき、リスティング広告安堵の媒体を利用する方法もあります。しかし、これに頼らずして記事をGoogle検索エンジンの上位表示にさせることは難しくはありません。
ロングテールキーワードを狙ったり、商品に関するペルソナを設計することがポイントですし、フックとなる複合キーワードを決めていきます。これにより商品に関するストーリーなどの説明もできますし、タイトルをオリジナルのもので制作します。
記事はオリジナルコンテンツを作成することが基本ですし、アナリティクスなどで成果の分析・調査を行い最終的に改善していきます。検索流入だけに頼ることなくネットショップで商品ページを作成するときには、商品サービスのターゲットとなる象徴的な顧客増を決めます。
リンク設置も検索ボリュームだけに頼ることなく、具体的な内容を参考にしながら進めていきます。アクセス数は気になるところですが、誰に購入して欲しいのかを具体的にして対象者を決めていきます。リンク設置はこれを意識した上で商品ページを作り込んできますし、商品名をタイトルにすることはネットショップでもSEO対策を意識したものになります。
販売している商品はロングテール商品などもきめますが、アクセス数やユーザーの属性などを検索流入で書くにしていきます。

人気記事一覧