• ホーム
  • ブラックハットSEOは下手するとペナルティを受けることになる

ブラックハットSEOは下手するとペナルティを受けることになる

ブラックハットSEOはGoogle検索エンジンのアルゴリズムの隙をつくことで、不正な検索順位を操作するSEO対策と言えます。これはペナルティを受けることもあり好ましい手法とはされておらず、自演リンクなどを制作して大量の被リンクが貼られているように操作することもあります。同様の内容でコンテンツ提供をしているたくさんの競合サイトの評価を下げさせる目的もあり、ユーザーにとっては価値が高く良質なコンテンツを作るということからかけ離れています。
サテライトサイトを大量作成することで自演リンクを獲得し、Googleアルゴリズムがアップデートされる時にはペナルティで規制がかかり、検索エンジンから姿を消す方向に行きます。医療・健康系のジャンルであれば特にその影響が強く出ることになり、サテライトサイトの大量作成はリスクでしかありません。
長期的に見るとブラックハットSEOは検索順位の上位表示にはメリットが少ないわけで、長く良いサイトを作っていく人であれば必ず避けたいものでもあります。ドメインパワーは中古ドメインにありますが、良質なコンテンツは制作をするには時間や能力が必要ですし、さらに専門的な知識も必要となっています。
このコストや手間をかけたくないというコンテンツ運営者の軽率な発想から生まれるのが、ブラックハットSEOでユーザビリティを考慮していません。これにより検索エンジンからの評価だけを気にしているので、一時的に効果をあげても継続させることがほぼないです。中古ドメインにあるドメインパワーを利用して、キーワードの羅列や乱用をすることもありますし、検索順位を上げるために検索ボリュームが大きいものを繰り返します。
時代とともにこのようなブラックハットSEOが通用しなくなり、キーワードを散りばめているコンテンツを大量制作することは、もはや時代遅れとなっていますし姿を消すことも時間の問題です。医療・健康系のブログではたくさんの規制があり、掲載されているコンテンツの量を評価の基準にしているケースもあります。
これを逆手に取ることで、内容鵜が薄い質の低いコンテンツも大量に乗っています。検索順位を上げることが可能な時も一時はありましたが、もうこの方法も通用しない時代になっています。Googleアルゴリズムのアップデートは定期的に行われていて、ブラックハットSEOの進化とともに進化し続けるので注意が必要です。