• ホーム
  • リンクによるネガティブSEOについて解説します

リンクによるネガティブSEOについて解説します

ネガティブSEOは検索結果から除外させるようにする行為がリンクによって行われることで、不適切なリンクや低品質なリンクから、競合サイトとターゲットサイトなどに対して設置しサイト自体の評価を下げるので大変悪質な行為とされています。リンクを設置する行為自体が、事前に防ぐことが不可能で公開しているものであれば、どのようなコンテンツに対しても行われる可能性があります。
ターゲットサイトや競合サイトでは、倫理的や道義的な面から見てもよしとされていません。中には損害賠償などの請求が発生するケースもあり、攻撃をするサイトはマークされています。外部リンクが原因の場合はサイトへの攻撃として価値を高めるこがなく、評価を下げることが目的になっています。
ネガティブSEOではこのような目的で存在していますが、他サイトへの攻撃をすることで順位を逆転させることが目的です。ブラックSEOは道理的や倫理的な部分から見てもまともなアイディアではないため、自分がすることも外部サイトからされることもメリットがありません。
もし順位が幸い逆転したとしてもそれにはなんの意味もなく、すぐに巻き返されるだけです。長期的に見ると無駄な行為になりますし、このような攻撃をされた側はかなりの迷惑を被ることになり、証拠を押さえて損害賠償を請求することもあります。検索結果にも証拠がたくさんありますが、ネガティブSEOを提案してくるような業者に出会った場合は即利用を停止した方が良いです。
またコンテンツスパムやリンクスパムからも、大きなペナルティを受けるリスクが高まりますし、事前に避けることが難しいことが現状です。リンクからのネガティブSEOは比較的簡単で、不適切なリンクは自分で探さない限り対処することが不可能になります。価値を下げるような要因は自己防衛で監視していく必要があり、リンク否認を設置させないようにすることが不可能です。
外部からの攻撃をサイトの所有者がSEO目的を狙って、不正に使用していることも目的の一つになります。不正行為を始めガイドラインに違反をしているサイトは、必然的にペナルティや評価を下げられることになり、リンクによって順位操作を意図する場合は、Googleからも厳しく対応がされます。リンクによる不正行為は比較的誰でも簡単に行えることから、そのような行為に遭遇しないためにも自己防衛をしてリンク否認をしていく必要があります。