• ホーム
  • 中古ドメインを使ってアフィリエイトサイトをやってみる

中古ドメインを使ってアフィリエイトサイトをやってみる

アフィリエイトをする時には中古ドメインを使用するケースがありますが、サイトに対して使用するキーワードで検索順位を確認することもできます。サイト運用やアフィリエイトを行うにあたって、かなり重要なことになり、検索順位の動きやインデックススピードも確認していくポイントです。
外部対策なしで比較するとわかりやすいですが、検索ボリュームなどでジャンルやトピックに違いがあることは当然です。どちらもSEO効果を狙うにあたって、外部対策は向いていないので成果を狙っている場合は記事コンテンツの力を比較していきます。
中古ドメインは同様に内容がしっかりとしているコンテンツや、難易度の高いサイト作りを行い比較していきます。アフィリエイトサイトの順位を比較していきますが、検索ボリュームはリリースのタイミングが変わるケースもあります。インデックススピードは中古ドメインで行なっているアフィリエイトサイトの方が早く、検索順位がつくまでは長い期間ではありません。
キーワードを選んでいくことも大切ですが、リリースの初期段階で記事に順位がつくまでは少しの日数がかかることもあります。他には圏外の可能性もありますし、サイト運用をしていく上で中古ドメインが有利になっています。SEO効果や記事の確認などは施策として行いますが、リリースをした直後はほぼ問題ないことが多いです。
リリースしてから直後に10位以内で検索順位へランクインしているケースもありますが、成果を早めることも可能になります。キーワードの難易度や検索ボリュームにも差がありますが、記事をアップした後の順位にはそれほど大きな違いがありません。全てが運用履歴の力だけではなく、インデックススピードはランクインしている順位の違いに大きな成果が出ます。
アフィリエイトサイトの順位は比較するとよくわかりますが、初期段階で成果を早めるためにはインデックススピードを意識し、中古ドメインを使用することは成果が出やすいです。全てのキーワードには当てはまりませんが、中古ドメインの方が検索順位が早くつく傾向にあり、順位も必然的に高いケースが多くなっています。
順位が安定しておりインデックススピードや、検索順位も優れているので利用価値があります。サイトを運用していくにあたって、内容や目的も大切ですが、必ず中古ドメインを使用するべきということでもありません。しかし、効果を早く出したい時にはそれを強く発揮していきます。