• ホーム
  • 中古ドメインを購入する前に事前に調査をしよう

中古ドメインを購入する前に事前に調査をしよう

パソコンを使っている人

中古ドメインにはドメインエイジがあることから、以前使用されていた時の運用履歴をそのまま引き継ぐ形になります。
そのドメインパワーが良質なものであれば、すぐに検索エンジンにインデックスがされるというような大きなメリットがありますが、アダルトサイトを運営している過去があったり手動ペナルティが課されたことがある経歴があればスパムスコアが上がります。
そうなると自サイトで質の良いジャンルのコンテンツを定期的に公開していても、結果的にペナルティを受けてしまうケースもあります。
従って購入する前に、しっかりと販売している中古ドメインを見るということが大切です。
悪質なスパムスコアがあるドメインだと判断したサイトに対しては、罰則で検索順位を下げるというペナルティがあります。
特にGoogleがサイトをそれぞれ目視で確認していき、人力で判断して与えられるものを手動ペナルティと読んでいます。
これの大半は検索結果から除外をされるインデックス削除などがあり、インデックスをされるために中古ドメインを使用しても意味がなくなります。
これを受けた場合はサイトを改善する必要があり、再審査をGoogleから受ける必要があり、そこからペナルティが解除される可能性があります。
サーチコンソールでも、Googleがサイトで公開しているウェブマスター向けガイドラインに違反しているサイトに対して発動されています。
ドメインパワーがあることが大きなメリットですが、それが逆の効果になってしまう可能性がありバックリンクはしっかりと警告表示を調査していきます。
レジストラはドメイン名でデータベースになっているそのものを管理しているのではなく、ジャンルや申請されたドメイン登録の情報をレジストリに対して登録する方法なので、サーチコンソールにも当てはまります。
実際にデータベースを管理しているのはレジストリになり、レジストラは複数が受付業務を行なっている状態なので、申請者に対して提供しているサービス・価格などの多様性をそれぞれ確保しています。
ドメインエイジなどは特定のサイトやコンテンツへ誘導することだけを目的にし、オリジナル性がない品質の低いページをスパムとして判断します。バックリンクでもスパムとみなしている運営の手法はたくさん存在しており、常に新しいスパムのような手法が生まれていることも事実です。
Googleガイドラインもそれに合わせて常に進化をする必要があるので、今まで対策として問題がなかったものが、今となっては警告表示されるようになる可能性もあります。手動ペナルティはガイドラインに違反しているサイトに与えられることが原則ですが、運用履歴も判断材料となっているので購入する前に調査をします。

人気記事一覧