• ホーム
  • SEOで効果を出すためにはタイトルタグが大事

SEOで効果を出すためにはタイトルタグが大事

色々なSNSアプリ

SEOで期待する効果を出すためにはタイトルタグが重要な役割を果たしますが、ディスクリプションはコンテンツ内には表示されない特徴があります。スニペットと呼ばれている検索エンジンの検索結果に表示されるようになり、普段の検索エンジンで検索をするときに、結果として出てくるキーワードがタイトルタグの下に文章で書かれていることが多いです。
それぞれのページの下にディスクリプションとして掲載されており、検索されているページが紹介文のような役割を果たしています。簡潔に要約された文章が左寄せで書かれており、大変読みやすい状態になります。実際に求めている情報が入っているかを、この簡潔な文章の中から判断をするので、クリック率も必然的に上がってきます。
ディスクリプションはSEO対策をとるにあたってとても重要な役割を果すと言われますが、検索エンジンの結果ランキングでも上位表示させる試作です。プラグインなどSEOの重要な要素を持ち合わせていますが、実際には直接的にランキングに影響しません。これがプラグインに必要とされるのは、クリック率を高めていくというポイントで有効になるからです。
検索エンジンでもタイトルだけの表示がされるより、そのコンテンツの内容が簡潔にはっきりわかれば、試しに見てみようかということでクリック率が上がります。wordpressでも検索したユーザーも自分が探している情報があるかを、簡潔に見極めることができ左寄せであることもポイントです。
検索されやすいコンテンツを作ることは基本ですが、SEO効果を期待する場合は検索エンジンに表示された時のことも考える必要があります。ユーザーにわかりやすく選ばれやすいコンテンツにしていくことも大切で、内容を踏まえた誘導性のあるコンテンツを作成していきます。実際に記述していく場合はwordpressなどでユーザーニーズを満たす文書を意識し、それがわかりやすいライティングを行います。ユーザーのニーズを掴むにはそれなりのキーワードを考えることが大切で、検索そのものに利用されるキーワードだけではなく、さらに知りたいであろう内容のキーワードも視野に入れていきます。
どのようなユーザーの属性であるかを考えながら考えていきますが、キーワードを詰め込みすぎると不自然なライティングになりペナルティを受ける可能性がありますので、自然な流れでどのようなキーワードが必要かを核にしていきます。

人気記事一覧